相続のご相談は、群馬県高崎市のまほろば司法書士事務所

2つの相続方法(法定相続と指定相続)の相続人と相続分)

相続の方法は大きく分けて2通りの方法があります。
遺言書の有無により、遺言書がない場合の相続「法定相続」遺言書がある場合の相続「指定相続」に分かれ、相続人の範囲と相続分が異なってきます。

遺言書のない相続(法定相続)

遺言書のある相続(指定相続または遺言相続)

遺言書のない相続(法定相続)

遺言書がない場合、相続人になる人の順位と範囲、受け継ぐ相続分が民法の規定により決められている法定相続になります。この、決められた相続人を法廷相続人と呼びます。
法定相続人になれる人は、配偶者(法律上の夫または妻)、子、父母、兄弟姉妹です。このため、遺言がない場合、内縁の妻や夫、親族であっても叔父・叔母などは遺産を受け継ぐことはできません。

法定相続人の順位
・配偶者は常に相続人になります。
・子(第1順位)
・父母(第2順位)
・兄弟姉妹(第3順位)
・上位順位者がいる場合、下位順位者は相続人となりません。

法定相続の相続順位と相続分

 

遺言書のある相続(指定相続または遺言相続)

遺言書がある場合、被相続人の遺言によって相続人と相続分が決まっている、指定相続になります。(指定相続は遺言相続とも言われます。)指定相続では、遺言書によって指定された人が相続人となり、決められた相続分を指定相続分と呼びます。
もし遺言書による相続人の中に、法定相続人(民法で決められた相続人)が入ってなかった場合でも、法定相続人に対しては、「遺留分」と呼ばれる各相続人の最低限の取り分が留保されており、法定相続人も遺産を受け継ぐことができます。この「遺留分」については、被相続人も指定することはできません。

近日実施される相談会はこちら 相続の流れ 生前対策として遺言書をお勧めするケース
  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
サイトマップ
サイトマップ

一般的に遺産には、現金だけでなく不動産や株式、著作権などの様々なものがあります。これを相続人全員が、満足できるように分割するのは、大変難しいものです。それぞれの相続人の家庭の事情や、亡くなった人との親密感などで、必ずしも話し合いがスムーズにいくとは限りません。「相続人が大勢いて意見をまとめるのが大変」「疎遠な相続人がいるので代わりに連絡してほしい」「相続人の中に苦手な人がいて顔を合わせたくない」「直接自分で話し合いをまとめようとすると感情的になってしまいそう」このような場合には当事務所にご相談ください。司法書士が相続人の間に入り、調整役として遺産分割協議を取りまとめます。当事務所は高崎市、前橋市、伊勢崎市、渋川市、藤岡市、その他、群馬県全域から相続のご相談を承っております。群馬県全域および関東、隣接県に出張もいたしますので、遠方の方もお気軽にお問い合わせください

まほろば司法書士事務所 所在地情報
〒370-0046 群馬県高崎市江木町1696  まほろば司法書士事務所へのアクセス

相続のご相談はこちら。お電話orクリック